iPhone修理ショップ検索全国 iPhone修理ショップ検索

iPhone3G/3GS バッテリー交換の手順

バッテリーの持ちが悪くなったらバッテリーを交換しましょう。

出典: iFixit


所要時間 / 概算コスト

  • 20 - 30分
  • 約 3,500 円

必要工具

  • プラスドライバー
  • ディスプレイ保持用吸盤
  • プラスティック工具
  • SIMカード取り出しピン

必要パーツ

  • iPhone3G/3GS 交換用バッテリー

Step 1

  • iPhone本体下部のドックコネクター両脇の3.7mmネジ2本をプラスドライバーで外します。

Step 2

  • 吸盤に金属の輪がついている場合は、iPhone傷を付けてしまわないよう事前に取り外します。
  • 液晶画面裏側にあるケーブルを破損させないように慎重に吸盤を持ち上げます。
  • シルバーの枠と液晶画面との間に、ラバー製のガスケットがあります。iPhone本体からディスプレイを外すのに少し力を入れる必要があります。
  • 吸盤はホームボタンのすぐ上くらいに付けるのが良いでしょう。
  • もし、画面に吸盤が付かないくらい画面が損傷している場合は、粘着力の強いダクトテープや梱包用テープなどを使うのが良いでしょう。

Step 3

  • 液晶画面裏にケーブルが数本あり、iPhone本体と繋がっているので、まだ完全に分離は出来ません。
  • 液晶画面を45度くらいまで持ち上げます。

Step 4

  • 片手で液晶画面を固定し、もう一方でプラスティック工具を使い黒いフラットケーブルを外します。(液晶画面用ケーブル)
    • プラスチック工具はケーブルの左側から慎重に差し込みます。右側から差し込むと、コネクター部を破損する可能性があります。
  • Step 6で外すケーブル以外をすべて外します。

Step 5

  • 残りのケーブルを外しやすくするため、液晶画面を約90度まで持ち上げます。
  • プラスティック工具を使い黒いフラットケーブルを外します。(タッチパネル用ケーブル)

Step 6

  • 注意: 中国版、ヨーロッパ版などの3G端末には取り外し用のプラスチックタブが無いものもあります。その場合は、フラットケーブルを液晶画面側にスライドすると外せます。組み立てる際のソケットにケーブルを指し込む際、少し強めに押し込む必要があります。
  • 幾つかの機種ではコネクターの色(黒いタブと白いコネクター)が逆になっている場合があります。コネクターを破損する恐れがあるため、正しく、タブをめくって下さい。
  • プラスティック工具を使い、白いタブを上90度持ち上げ、ケーブルを外します。
  • 黒いフラットケーブルをコネクターから外し、液晶画面をiPhone本体と完全に分離します。

Step 7

  • SIM取り出し用ピン(または、クリップを伸ばしたものなど)をヘッドホンジャック脇の穴に挿し込みます。
  • ピンを押し込みSIMトレイを引き出します。
  • SIMとトレイをiPhone本体から外します。

Step 8

  • プラスティック工具を使い4番のケーブルを外します。

Step 9

  • プラスティック工具を使い5番のケーブルを外します。

Step 10

  • プラスティック工具を使い6番のケーブルを外します。
  • 3GSの場合は、2番目の画像を参考に、プラスティック工具を使い7番のケーブルを外します。

Step 11

  • "Do not remove."(剥がすな)シールを丁寧に剥がします。

Step 12

  • 下記、8本のネジを外します:
    • ロジックボードとiPhone本体を固定している2.3mmのネジ5本を外す。(赤印)
    • iPhone本体とカメラを固定している2.3mmのネジ2本を外す。(オレンジ印)
    • "Do not remove"シールの下のある2.9mmのネジ1本を外す。(黄印)

  • 組み立てる際:
    • カメラ脇のネジ(右下オレンジ印)でメタルストリップを一緒に止めます。
    • カメラ脇のネジを締める前にメタルストリップを先に戻してください。

Step 13

  • プラスティック工具を使い慎重にカメラをiPhone本体から外します。
  • ロジックボードの裏側と繋がっているので、この時点ではカメラは完全には分離できません。

  • 組み立てる際:
    • 組み立て時のカメラとロジックボードを組み込む際、ロジックボードと先に繋いでからiPhone本体に戻してください。

Step 14

  • ドックコネクター側からプラスティック工具を使い丁寧にロジックボードを外します。
  • "do not remove"シールのそばにと金色のグランドケーブルがあります。ロジックボードを取り出す際、傷を付けないように特に注意しながら作業してください。
  • もしロジックボードが取り出せない場合、全てのネジが外れているか改めてチェックしてください。

Step 15

  • ロジックボードをドックコネクター側にスライドさせながら、iPhone本体から外します。
  • バッテリー交換後ロジックボードをiPhone本体に戻す際、先にカメラとロジックボードを接続します。その後、ロジックボードの上部が正しい位置になっていることを確認します。SIMトレイが引っかかって戻らない原因になります。SIMトレイの出し入れが問題なければ、カメラやロジックボードが正しい位置にきています。

Special Thanks: iFixit